Quデジタルシリーズ | コンパクトながら多彩な機能を兼ね備えたミキサーの機能を紹介します
























home_sign.pnghome_sign.png

縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png














Quデジタルに搭載のタッチスクリーンは、全体のミキサーコントロールをより簡単 &よりスピーディーにしてくれます。チャンネルプロセッシング、USBレコーディング、メモリ保存、システム設定など、さまざまな操作をこのタッチスクリーン上で行うことができます。

スーパーストリップ、フェーダーと併用することにより、高いパフォーマンスを実現できます。













USB(HDD)によるマルチトラックレコーディング・プライバックができる、USBレコーダー「Qu-Driveを」搭載。ライブや会議などの記録を簡単に残すことができます。


18チャンネルをWAV形式、24bit/48kHzのオーディオ・データのマルチレコーディングとプレイバック(再生)を接続したUSBハードディスクから行うことができます。

















iPadアプリ専用のミキシングツールです。ワイヤレスによるリモートコントロールが可能なため、ステージ上、またはステージから離れた場所からQu-16ミキサーの調整をすることができます。また操作性もサーフェイス同様に直感的な操作が可能です。












Qu Padアプリは、iTunes ストアより無料ダウンロードできます。
iTunesストア:Qu Pad(*外部のサイトのリンクです。)



















モーターフェーダー搭載により、すべてのインプット/マスターへのアクセス、及びレベルの調整など瞬時に確認することができます。レイヤーは、インプット用・マスター用・カスタムの3つの構成からなります。2つのレイヤー切替えボタンを同時に押すことにより、カスタムレイヤーへアクセスできる。

(Qu-24:25個のモーターフェーダー、Qu-16:17個のモーターフェーダー)





高品質プリアンプ、AnalogiQTMを搭載。長い年月をかけデザインされたAnalogiQは、24ビット1dB精度、低ノイズ、低レイテンシーコンバーターを備え、暖かさとインパクトを持ち合わせた透明度の高い音質を提供します。(Qu-24には24個、Qu-16には16個のPreampを搭載)
















アナログミキサー感覚の操作感を実現、すべてのパラメーターへ直感的にアクセスができます。各々パラメーター毎は1個のノブ(つまみ)が用意されており、インプット/ミックスのプロセッシングを瞬時に操作。
















Qu搭載のFXは、トップクラスのデジタルコンソール、iLiveデジタルにて多くのユーザーから評価された「iLive FX」。リバーブ、ディレー、モジュレーター、ADT、ゲートバーブまで、過去の名機を忠実に再現したなど豊富な4ステレオFXを内蔵しています。

インプット/ミックスには、4バンドEQ、ダイナミックス、GEQ、ディレーを標準搭載。

















Quのとてもユニークなフレームは、通常の金属より強固、頑丈な素材である英国製のZintec Steelを採用。
このQuのデザインは、ミキサー内で空気の流れを発生させ、ファンの必要性を排除しました。
クラシックなどの静かな環境においては最適です。現場での使用方法も考えられた
デザイン設計になっています。Quの下には、USBデバイス、CDラック、
トークバックマイクなどを置けるスペースがあります。























QuシリーズはUSBオーディオインターフェースは、パソコンへ直接マルチトラック録音・再生できます。Mac OS Xと互換性があり、標準Core Audioインターフェースを使用するDAWソフトウェア、Pro Tools/Logic/Cubaseなどを使用することができます。


各モデルのオーディオストリーミング

  • Qu-16:22アウト × 22インプットの録再
  • Qu-24:32アウト × 30インプットの録再





















デジタル伝送用のポート、dSNAKEにより拡張I/Oボックスの接続ができます。Cat5ケーブルは最長120mまで引き回しができます。 

dSNAKEとは:ALLEN&HEATH独自のデジタル伝送規格、低レイテンシーで120mまでのケーブル延長ができます。

I/Oボックスの使用例はこちら





パーソナルモニター(キューボックス)、ME-1モニターと互換性があります。ディジーチェーンによる複数台の使用もできます。

ME-1パーソナルモニターの使用例はこちら














Qu-16ミキサー

  • 16モノインプット(TRS + XLR)
  • 3ステレオインプット(TRS)
  • 12ミックス(4モノ、3ステレオ、LR)
  • 4ソフトキー
  • 4FX(2FXセンドバス)


Qu-24ミキサー

  • 24モノインプット(TRS + XLR)
  • 3ステレオインプット(TRS)
  • 12ミックス(4モノ、3ステレオ、LR)
  • 2ステレオグループ
  • 2ステレオマトリクス
  • 10ソフトキー
  • 4FX(4FXセンドバス)


共通仕様

  • 4ステレオ FXリターン
  • 16バス
  • 12ミックスアウトプット(LR、モノミックス1-4、ステレオミックス1-3)
  • AESデジタルアウト
  • USBオーディオストリーミング
  • DAW MIDIコントロール
  • 4ミュートグループ
  • 4FX内蔵エンジン搭載
  • 19インチラックマウント(*Qu-16)
  • ムービングフェーダー
  • AnaLOGIQ プリアンプ搭載
  • Qu-Drive - USBメモリ搭載(マルチトラックレコーディング/再生機能付き)
  • 800× 480タッチスクリーン
  • iLive 内蔵FX搭載
  • dSNAKE リモートオーディオポート
  • MEパーソナルミキシングシステム互換
  • Qu-Pad iPadアプリケーション
  • インプットプロセッシング(トリム/位相/HPF/ゲート/4バンドPEQ/コンプレッサー/ディレー)
  • ミックスプロセッシング(インサート/GEQ/4バンドPEQ/コンプレッサー/ディレー)
  • シグナルジェネレーター
  • RTA(ピークバンド付)




bk2_top.gif