Qu-デジタルシリーズ | Qu-のよくある質問



 















home_sign.pnghome_sign.png

縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png












Q:インプット/アウトプット数は?


QuデジタルシリーズのI/O構成は以下の通りです。

Qu-16ミキサーインプットは、16×のマイク/ラインインプット、3×ステレオインプットです。アウトプットはLRメイン、4×モノ・3×ステレオのほか、AESのデジタルアウトを搭載してます。

Qu-24ミキサーインプットは、24×のマイク/ラインインプット、3×ステレオインプットです。アウトプットはLRメイン、4×モノ・3×ステレオのほか、2ステレオグループ、2ステレオマトリクス、AESのデジタルアウトを搭載してます。



Q:タッチスクリーンですか?


カラータッチスクリーン(800×480、1600万画素)を装備しています。オペレーションからシステム設定まですべてスクリーン上で行うことができます。またデジタル卓はじめてのお客様でも簡単に操作できるような考えられたユーザーインターフェース設計となっています。

カラータッチスクリーンの詳細はこちら


Q:ソフトキーとは?


オペレーション上、頻繁に使用する操作、機能などをボタン毎に割当て使用できます。特定の画面に移動しなくてもボタン1つで瞬時に操作できます。シーンの保存・呼出し、ミュートグループ、FXの呼出しなどの機能がございます。Qu-24には10個、Qu-16には4個装備されています。



Q:チャンネル/マスターの各プロセッシングを教えてください。



フルプロセッシングを搭載しています。チャンネルには、ゲート/コンプレッサー/4バンドPEQ/ディレーを搭載。マスターにはGEQ/コンプレッサー/PEQ/ディレーを搭載。プロセッシングはタッチスクリーン、及びプロセッシングパネル(スーパーストリップ)で操作をします。


Q:内蔵FXの種類を教えてください。



リバーブ、ディレー、ゲートバーブなど豊富な4ステレオ内蔵FX(iLive FX)を搭載していますので、アウトボードを追加する必要はありません。またファームウェアの更新により、新しいFXが追加されることもあります。

iLiveFXとは、ALLEN&HEATHを代表する上位機種コンソール、iLiveに搭載されている内蔵エフェクターです。これからはメーカーが独自にエミュレートしたもので、どれも高い評価をいただいています。

SOUNDCLOUD」にてすべての内蔵FXを試聴することができます。


Q:iPadでのコントロールはできますか?




iPad専用アプリ「Qu-Pad」によりコントロールができます。Qu本体のネットワークポートにWi-Fiルーターを接続してリモート操作ができます。(Qu-PadアプリはiTunesストアより無料ダウンロードできます。)



Q:パソコンでのコントロールはできますか?



Quはパソコン用のソフトウェアはございますん。
(iPadのアプリ「Qu-Pad」でのリモートコントロールは可能でございます。)


Q:I/Oボックスの接続ができますか?




Quデジタルシリーズは、デジタル伝送用ポート、dSNAKEを使用することより、拡張I/Oボックスとの接続可能です。Cat5ケーブル1本で最長120mまで引き回しができます。拡張I/Oボックスは、AR2412オーディオラック(24in12out)・AR84オーディオラック(8in4out)の2モデルがございます。

拡張ボックスを使用したシステムはこちら
拡張I/Oボックスの詳細はこちら



Q:USB録音はできますか?



Quデジタルシリーズには、録音/再生ができるUSBレコーダー、「Qu-Drive」を装備しています。
このQu-Driveポートに接続したUSBへ録音/USBから再生が可能です。録音開始、再生、停止などの操作はタッチスクリーンから行います。

録音:
マルチトラック録音:18トラック・WAV形式・24bit/48kHz
ステレオ:LR他、ミックスバスより選択可能




Q:モーターフェーダーですか?




Quデジタルシリーズに装備のフェーダーは、すべてモーターフェーダーです。インプット/マスターへのアクセス、レベル調整など瞬時に確認することができます。

Qu-16:16個+1個(マスター専用)のモーターフェーダー搭載
Qu-24:24個+1個(マスター専用)のモーターフェーダー搭載


Q:USBインターフェースを搭載していますか?



QuデジタルシリーズのUSBオーディオインターフェースを搭載しています。パソコンへ直接マルチトラック録音・再生できます。Mac OS Xと互換性があり、標準Core Audioインターフェースを使用するDAWソフトウェア、Pro Tools/Logic/Cubaseなどを使用することができます。


各モデルのオーディオストリーミング

  • Qu-16:22アウト × 22インプットの録再
  • Qu-24:32アウト × 30インプットの録再


Q:ラックへはどのようにマウントしますか?




専用のラックイヤーを使用します。Qu-16のフレームへ簡単に取り付けることができます。
(Qu-24はラックマウントに対応していません。)

Q:推奨のケーブルは?



KLOTZ製 S/UTP・ストレートタイプのケーブルとなります。このケーブルはALLEN&HEATHメーカーの動作検証において最長120メートルまでの使用が可能です。
その他のメーカーのケーブルをご使用される場合は、STP・ストレートタイプであることを確認してください。



Q:Qu専用のケースはありますか?




パルス製特注のFRPケースのご用意がございます。ケース詳細はこちらをご覧ください。Quケースは受注生産品となります。カラー・ロゴのご指定が可能です。














Q:Quデジタルシリージはどこで購入できますか?



全国の販売店、及びコモドマッティーナのオンラインストア「Comodoストア」よりご購入いただけます。在庫状況、デモ機貸出しなどは直接店舗様へお問合せください。



Q:製品の保証期間・内容は?




製品の保証期間は、製品ご購入年月日から12ヶ月となります。正常な使用方法、ならびに使用環境において、保証期間内に万が一故障した場合は、無償にて修理をさせていただきます。詳細は、製品同梱の製品保証書をご確認ください。


Q:Quデモ機はありますか?




Quデジタルミキサーのデモ機のご用意をしております。ご購入前に操作などをお試しいただけます。デモ機ご希望の場合はQu専用フォームより、必要事項をご入力の上、お申し込みください。(個人様・法人様は問い合わせん。


*デモ機貸出し状況により、ご希望に添えない場合がございます、予めご了承ください。
*お急ぎの場合は、お手数でございますが直接弊社までご連絡ください。




Q:万が一、製品が故障した場合の対応は?




国内(コモドマッティーナ)にて故障箇所を特定の上、修理をさせていただきます。また修理期間中は、代替機の貸出しも行っております。(*代替機の貸出し状況などにより、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください)

保証内容についてはこちら

Q:詳しい資料、カタログはありますか?




Quデジタルシリーズの資料等は、こちらのページより参照、及びダウンロードいただけます。







bk2_top.gif