GLDデジタルミキサー | GLDシステム構築例













GLDシステム

GLD-80は、スタンドアローンとして使用することができるほか、2種類のオーディオラック、AR2412とAR84を接続しシステムを構築することができます。


  • プラグインプレイ採用、特別な設定は不要
  • CAT5ケーブル1本で最大120mまで引き延ばし可能
  • 最大48chインプット、30chアウトプットのシステム構築
  • PCソフト/iPadアプリによるリモートコントロール


GLD 基本システム
32インプット・22アウトプット

GLD-80ミキサーとAR2412オーディオラックをdSnakeで接続。接続方法は、プラグインプレイを採用、特別な設定、知識は不要です。


AR2412オーディオラックの[モニター]ポートへME-1、Aviomパーソナルモニターの接続ができます。

ME-1パーソナルモニター
GLDの公式facebookにて、詳細動画見れます。


GLD コンパクトシステム
16インプット・14アウトプット

GLD-80ミキサーとAR84オーディオラックを接続。


GLD エクスパンダーシステム
40インプット・26アウトプット

GLD-80ミキサーとAR2412・AR84オーディオラックを接続


GLD フルエクスパンダーシステム
48インプット・30アウトプット

GLD-80ミキサーとAR2412・AR84オーディオラック2台を接続

カスケード接続したAR2412とAR84は、ステージ上下に配置し、もう1つのAR84はGLD-80ミキサーの横に配置。


PCソフト/iPadによるリモートコントロール
GLD Editor・GLD Remoteアプリケーション


PCソフトウェア「GLD Editor」、iPadアプリ「GLD Remote」によるリモートコントロール。Wi-Fiルーターに接続しあらゆる場所からミックスオペレーションができます。GLD EditorとGLD Remoteは同時接続ができます。

  • PCソフトウェア「GLD Editor」の製品情報はこちら
  • iPad専用アプリ「GLD Remote」の製品情報はこちら


GLD オプションカードを使用したシステム
Danteマルチトラックレコーディング

GLD-80ミキサーへ Danteカードを装備、パソコンへダイレクトにマルチトラック録音が可能。オプションカードは、Danteのほか、Waves/MADIなどのカードが用意されています。


FOH/モニターシステム
オプションカードを使用したデジタルスプリットシステム

GLDの2システムは、オプションカードを使用してデジタルリンクをしています。音声信号は、それぞれのGLDで共有することができ、ミックスすることが可能です。
オプションカードのラインナップは、DANTE、Waves、MADI、ACE(A&H独自伝送方式)の種類があります。