GLDデジタルミキサー | GLDよくある質問集










GLDのよくある質問集
ご購入を検討されているお客様などかたいただく質問をまとめました

Q:タッチスクリーンですか?
A:カラータッチスクリーンを装備しています。オペレーションからシステム設定まですべてスクリーン上で行うことができます。またデジタル卓はじめてのお客様でも簡単に操作できるような考えられたユーザーインターフェース設計となっています。


Q:ソフトキーとは何でしょうか?
A:オペレーション上、頻繁に使用する操作、機能などをボタン毎に割当て使用できます。特定の画面に移動しなくてもボタン1つで瞬時に操作できます。


Q:オーディオラックは何台まで接続できますか?
A:AR2412オーディオラック1台とAR84オーディオラック2台まで接続することができます。


Q:オーディオラックを接続しないでも使用できますか?
A:はい、GLD-80はスタンドアローンとして使用することができます。GLD-80は、8インプット/10アウトプットを装備しています。GLD-80のシステム構成例はこちらをご覧ください。


QGLD-80ミキサーで作成したメモリ(ショー、ライブラリー)は、GLD-112ミキサーでも使用することができますか?
A:はい、GLD-80とGLD-112はシステム上互換性がございます。また、GLD-112ミキサーで作成したメモリをGLD-80ミキサーでリコールすることも可能です。


Q:iPadのアプリはありますか?
A:はい、GLD Remoteというアプリがございます。iTunes ストアより無料でダウンロードが可能です。


Q:GLD EditorソフトとGLD Remoteアプリケーションは同時に接続することができますか?
A:はい、同時接続は可能でございます。


Q:USBポートを使用してマルチトラック録音はできますか?
A:USBを使用した録音は、ステレオ録音(16-bit 48KHz, WAV 形式)のみとなります。
オーディオオプションカードを使用したいマルチトラック録音はこちらをご覧ください。


Q:GLD-80システムの推奨ケーブルを教えてください。
A:KLOTZ製 S/UTP・ストレートタイプのケーブルとなります。ALLEN&HEATHメーカーの動作検証において最長120メートルまで引き回しができます。


Q:内蔵FXはメーカー独自のものですか?
A:ALLEN&HEATHメーカー自身がエミュレートしたエフェクトです。上位機種、iLiveデジタルミキサーにおいて世界中のエンジニアから高い評価をいただいています。*音楽共有クラウドサービス「SOUNDCLOUD」にて、内蔵FXを試聴できます。