iLive オーディオネットワーキングオプション / 製品ラインナップ | ALLEN&HEATH


logo_iLiveDigital_BLK&CLEAR_middle.png

スクリーンショット(2012-05-01 14.43.25).png



オーディオネットワークカード:
iLiveデジタルミキサーのオーディオネットワークカード。専用スロットに実装
することにより、FOH/モニターシステム構築からマルチレコーディングなど
多彩なシステムを構築することができます。

スクリーンショット(2012-03-26 14.42.35).png


スクリーンショット(2012-03-26 14.52.10).png
例えば、こんな使い方があります。

  • M-MMO カードを使用してAviom16chのモニタリング。
  • M−DANTEカードを使用して最大64chのマルチレコーディング。


iLive全モデル実装可能。
iLive Tシリーズのミックスラックには、オプションカード用のポートが用意
されています。 iLiveシリーズには、RAB2モジュールを使用することにより、
オプションカードの使用が可能です。

ace.png


M-ACE

Allen&Heath独自のACE(Audio and Control over Ethernet)は僅か100μsのレイテンシーで64Chのオーディオとコントロール信号をCAT5で120m*までのポイント トゥ ポイントで接続ができます。このACEはiDRミックスラックとiLive-Tコントロール サーフェイスで採用しています。

ACEカードを使用したシステムはこちら

dante.png


M-DANTE Audio Interface Card

ダンテオーディオカードのリリースにより、さらなるオーディオネットワークの可能性が広がります。ミリセカンド以下のレイテンシー、64×64双方向のオーディオを伝送が可能、iLiveのミックスラック、またはサーフェイス(モジューラータイプ対応)に装着が可能です。標準インターネットプロトコルを使用してのデジタルオーディオネットワークの構築ができます。

DANTEカードを使用したシステムはこちら

es.png


M-ES-V2 EtherSound Audio Interface Card

独立したパッチベイソースで、バイディレクショナル64Ch24bitオーディオ。iLiveシステムやASIOでのPCIカード録音、アンプ/スピーカへの送りなど他のEtherSound機器との接続が可能。ネットワークソケットはESネットワーク管理のESモニターアプリケーションPC接続ができます。

madi.png


M-MADI Audio Interface Card

他のシステムと統合できるiLiveのオプションカードの一つ。 MADIはデジタルオーディオで業界基準プロトコルの一つで、一般的にマルチチャンネル録音再生に使用され、75Ω同軸ケーブルで100mまで延長が可能です。

mmo.png


M-MMO
Mini Multi Out Audio Networking Option

3オプティカルADAT出力(24Ch)、Aviom™16Ch出力、2iDR8バス出力(HearBus™互換)を装備。独立したパッチベイ ソースでトータル56出力。このオプションカードはADAT出力での24Ch同時録音ができると共にAviom™、HearBus™パーソナル ヘッドフォンミキシングシステム用出力が取出せます。

iLive_MWAVES_34.jpg


M-Waves

SoundGripは、Waves社により開発されたインターネット環境でオーディオプロセッシングを可能にしたテクノロジーです。64インプット×64アウトプットチャンネルを低レイテンシーでリアルタイム処理を可能にします。

Wavesについてはこちら。(外部サイトへ)

rocknet.png


RN.345.IL RockNet Audio Interface Card

RN.345 RockNetカードは、64入力 × 64出力のオーディオ伝送が可能です。ロータリースイッチは、デバイスの識別と最大で15プログラムのルーティングテーブルが備わっています。