ICE-16マルチトラックレコーダー + USB/FireWireインターフェース (アンバランス仕様) | ALLNE&HEATH

comodo_logo.pngcomodo_logo.pnghome.pnghome.pngproduct.pngproduct.pngnews.pngnews.pngworks.pngworks.pngcomopany.pngcomopany.png

home_sign.png縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.png縦棒|.pngtel_sign.png03-5808-5912縦棒|.png









ICE-16 マルチトラックレコーダー (アンバランス仕様)







マルチトラックレコーダー+USB/FireWireインターフェイス
(TRS/RCAコネクター・アンバランス仕様)


16トラックをUSBメモリ、または外付けハードディスクへダイレクトに録音が可能。16アナログインプット・16アナログアウトプットを装備、本体の前面パネルのボタン操作により、簡単に録音/再生を行うことができ、用途に適した使用ができます。

ICE-16は、16×16チャンネルのインターフェースとして使用することができます。最高24bit/96kHzのオーディオ・データを録音することが可能です。さらにFireWire経由のカスケード接続により、チャンネルを拡張することもできます。


バランス仕様のICE-16Dとの機能は同じです。異なる点は、コネクター仕様(バランス/アンバランス仕様)のみです。















ICE-16 背面部
16×TRSインプット/16×RCAアウトプット











ICE-16使用例 − 1
ICE-16レコーダーを使用したサウンドシステム例です。


USB録音
マイクなどの入力信号をダイレクトアウトなどを使用してICE-16のインプットソケットへ。ICE-16に接続のUSBにてマルチトラック録音を行います。

PC DAW録音:
FireWireとUSB2.0インターフェースを装備しているICE-16、各々のポートを使用してパソコン(ASIO、CoreAudioサポート)へトラック音源を取り込みます。多様なDAW(Logic、Pro Tools、Sonar、Cubaseなど多くのDAWソフトとの互換性を持ちます。










ICE-16使用例 − 2
ICE-16レコーダーを使用したサウンドシステム例です。


バーチャルサウンドチェック
以前録音したマルチトラック音源を使用したバーチャルサウンドチェックとして使用する。

ボーカル、ギター、ドラムなど最大16個のトラック音源をUSBデバイス、またはPC(USB/FireWire接続)からプレイバック再生する。ICE-16のアウトプット端子(RCA)を使用しミキサー側へ送ります。仕込み時間がとれない、またはバンドが到着する前などに、EQやモニターのセンドレベルなどの調整を事前に行うことができます。










bk2_top.gif